Czen Lighting 電工

リビング14畳用エアコン取付工事(富山県富山市)

お問い合わせはこちら 現場調査のご予約

リビング14畳用エアコン取付工事(富山県富山市)

リビング14畳用エアコン取付工事(富山県富山市)

2021/12/23

エアコン室内機取り付け前

富山県富山市

こちらは新築のお家へのエアコンの取り付けになります。

脚立の真上にあたる場所にエアコンを取り付けます。配管穴は右側に開いています。最近の新築住宅は建築時にエアコン配管穴用の貫通スリーブを入れたり、先行配管と言って壁や天井裏に冷媒配管はドレン配管を隠蔽したりしていますね。

この場合、エアコン取り付け時に少し位置が合わないという問題が出てきて、すごく取り付けしにくいという事がちょくちょくあります。

配管穴に合わせてエアコンを取り付けるより、やはりエアコン取り付け時にそのエアコンに合わせて配管穴を開口するというのがベターかもしれません。

今回取り付けるエアコンは、新品ではなくお客様が以前使用していたエアコンで、依頼があった時はエアコンを取り外された状態(梱包してある状態)で保管してあったようです。

2014年製の暖房強化型のエアコンです。

エアコンを取り外すときに冷媒ガスを回収してあるはずですが、エアコン工事に日は万が一のため一応R32冷媒ガスを持参しました。

エアコン室外機の設置前

富山県富山市

こちらが室外機を取り付ける場所になります。

外壁と側の雨樋の色に合わせて、化粧カバーの色はブラウンにします。

後ほど、こちらの地面に砕石を敷くということです。

エアコン室内機の取り付け後

富山県富山市

こちらのエアコン配管穴用に仕込んであった貫通スリーブが少し大きめだったので、エアコン本体と右壁の間にシーリングキャップを使用しました。

最初は、右の壁にエアコン本体をピッタリくっつけようと思っていたのですが、配管穴の位置がいまいち合わないのと、穴が大きめなのでエアコン本体を右壁にピッタリくっつけても穴が全て隠れない(一部穴が見える状態)ので何かしらの部材が必要になりました。

それで、エアコン本体と右壁の間に配管穴を隠すためのシーリングキャップを使用し、室内機を設置しました。

エアコン室外機の設置後

富山県富山市

こちらが室外機の設置後です。

化粧カバーは外壁の色、右隣の雨樋の色と合わせてブラウンとしました。

お客様と相談し、室外機のキャッチャー(架台)は、亜鉛メッキの防錆タイプのキャッチャー、そして地面が土なので、地先ブロックを使用しその地先ブロックにキャッチャーをステンレスのアンカーで固定しています。

地先ブロックではなく、エアコン用ブロックという便利なものもあるのですが、少し値段が高いんですよね。

エアコン用ブロックを使用するとアンカーを打つ手間は無くなりますが、エアコン1台や2台の工事ならアンカーを打つのもたいして時間もかからないので、通常は地面が土でキャッチャーを使用する場合は、地先ブロックを使用しています。

見た目もエアコン用ブロックとあまり変わりません。

エアコン工事後

富山県富山市

ドレンホースの先端には、防虫キャップを取り付けます。

当店でエアコン工事をさせていただいた際は必ずドレンホースの先端にこの「防虫キャップ」取り付けます。

このドレンホースですが、たまにですが蜂が入るんですね。

蜂の習性というか本能で、こういう小さい穴があると入るんでしょうね。それを防ぐために防虫キャップを使います。

蜂が入ること自体珍しいのですが、たまにですが蜂が入ってドレンホースが詰まって、エアコン室内機から水漏れすることがあるんですね。

それを防ぐために当店では一応防虫キャップを最後に取り付けて工事完了になります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。