Czen Lighting 電工

キッチンコンセント設置(蓄熱暖房電源を100Vのコンセントへ変更)

お問い合わせはこちら 現場調査のご予約

ダイニングコンセント設置(蓄熱暖房電源を100Vのコンセントへ変更)

キッチンコンセント設置(蓄熱暖房電源を100Vのコンセントへ変更)

2022/01/21

ダイニングコンセント新設工事 施工前

石川県七尾市

今回、ダイニングに1ヶ所コンセントが欲しいというご依頼がありました。

今回コンセントを新規で設置する場所には、少し前まで200Vの蓄熱暖房機が設置されていたのですが、お客様ご自身で蓄熱暖房を撤去されており、その蓄熱暖房があった場所に、通常の100Vのコンセントをつくってほしいという事でした。

そして、元々使用していた蓄熱暖房の200Vの電源を100Vのコンセントにできるなら、そのまま使用してほしいという事でした。

確かにそうすれば、天井裏に入って配線する必要もないですし、こちらとしてもその方がいいですね。

ただ、元々設置してあった200V蓄熱暖房の消費電力は7000Wあり、太めのケーブルが配線されているので、普通のコンセントに変えるにはこちらのケーブルを細くする必要があります。

あと撤去した蓄熱暖房のブレーカーは切ってありますが、200Vになっているので100Vに変更する必要があります。

今回はこれらの作業を行いました。

補足ですが、蓄熱暖房の撤去作業自体は、今回お客様ご自身でされたように業者に依頼しなくても素人の方でも撤去はできます。

蓄熱暖房のブレーカーさえ切って作業すれば感電する事もありません。

ただ、蓄熱暖房を撤去した場合、電気の基本料金が少し安くなる場合があるので電力会社の方へ連絡しましょう。

ただ、電気工事店を通して連絡をお願いしますと言われる可能性もあるのでその場合は、電気工事店へ依頼する必要があります。その場合、手数料程度の料金がかかります。

蓄熱暖房を撤去すると、どうして電気の基本料金が安くなるかと言うと、蓄熱暖房だけではなく電気温水器もそうなのですが、蓄熱暖房や電気温水器は「夜間蓄熱機器」と言って、この「夜間蓄熱機器」の消費電力の1割が契約容量にプラスされています。

例えば、50Aのブレーカー(電力会社様のSB(サービスブレーカ)ではなく、パナソニックなどの市販のブレーカー)が取り付けてある場合、だいたいは10kVAの契約になっています。(スマートメーターが付いている場合は、市販ブレーカーの容量から契約容量を判断できません)

その10kVAに「夜間蓄熱機器」の1割がプラスされています。「夜間蓄熱機器」は消費電力が5000W以上が多いので、その1割となると0.5kwですよね。

それが四捨五入されるので、0.5kwの場合は1kwとなります。

10kVA + 1kVA = 11kVA となり、基本料金は11kVAとなるのですが、「夜間蓄熱機器」である蓄熱暖房を撤去したり、電気温水器から石油給湯器、ガス給湯器、エコキュートなどの給湯器に変えた場合は、「夜間蓄熱機器」の1割が契約容量から減る形になるので、電力会社のプラン内容によりますが、基本料金が少しだけ安くなる可能性があります。

エコキュートも「夜間蓄熱機器」になりますが、一般家庭で使用するエコキュートの消費電力は、大きくても2000wなので、その1割は0.2kwです。四捨五入なので0(ゼロ)になります。

契約容量にプラスされる事はありません。

蓄熱暖房電源を100Vコンセントに変換

石川県七尾市

蓄熱暖房に使用していた埋込ボックスの中を見てみると、使用していない100Vのケーブルがありました。

おそらくですけど、蓄熱暖房の制御電源に使用するかもしれないという事で、こちらのお家を配線した電気屋さんが蓄熱暖房の200Vの電源とは別に100Vの電源も準備したのでしょう。

ただ、結局は使わなかったのそのままボックスの中に収めてありました。

このケーブルをそのまま100Vのコンセントとして使用することにします。

ダイニングコンセント増設

石川県七尾市

画像のケーブルが出ている壁の開口は、床下から20cmあたりの場所にあるのですが、コンセントを作る場所は、この真上のダイニングテーブルの上あたりになります。

ダイニングテーブルは、お客様がDIYでご自分で製作されました。とても上手にダイニングテーブルができていました。

先にコンセントの穴を開口して、ケーブルを通します。

ダイニングテーブル上のコンセント

石川県七尾市

アップ画像なので分かりづらいですが、こちらが新しくつくったダイニングテーブル上のコンセントになります。

このコンセントのすぐ真下にお客様ご自身で製作した新しいテーブルがあります。

テーブルの上にスマホを置きながら充電できるような感じになりますね。

蓄熱暖房のブレーカ

石川県七尾市

蓄熱暖房のブレーカーの2次側のケーブルが接続されている状態だったのですが、もう蓄熱暖房は撤去してあるので、ブレーカーからケーブルを外しておきます。

真ん中の大きいブレーカーが蓄熱暖房用の200V/50Aのブレーカーです。

このブレーカーの下側が負荷側になるので、この下側のケーブルを外します。

 

蓄熱暖房の電源

石川県七尾市

こちらがケーブルを外した後になります。

これで完了となります。

生活する中で、使い勝手の良いコンセントもあれば、使い勝手の悪いコンセントもあると思います。

照明のスイッチも同じことが言えると思います。

新築の場合は、実際に使い始めないと分からないところもありますね。

最初は使い勝手の良かったコンセントや照明のスイッチだったとしても、生活スタイルの変化で変わってきたりします。

コンセントや照明器具の配置、スイッチの場所などは後からでも変更はできますので、一度相談していただけたらと思います。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。