Czen Lighting 電工

エコキュートの無料お見積もり

お問い合わせはこちら 現場調査のご予約

エコキュートの無料お見積もり

エコキュートの無料お見積もり

2021/10/26

エコキュートの無料お見積り

給湯器 エコキュート交換の無料お見積り

エコキュートの配管工事・電気工事の無料お見積もりをしております。

通常エコキュートの工事は、水道工事業者と電気工事業者が必要になるのですが、当店では、配管工事から電気工事まで一式で施工から電力会社へ電気申込手続きをしますので、2つの業者に依頼する必要がありません。

また、200VのIHクッキングヒーターや200Vエアコン工事を含めたオール電化工事もしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

エコキュートなどの給湯器の交換工事は、色々なパターンがありますよね。

① ガス給湯器(燃料が都市ガスやプロパンガス)からエコキュートへ交換

② 石油給湯器(燃料が灯油)      〃

③ エコキュート(燃料が電気)     〃

④ 電気温水器(燃料が電気)      〃

エコキュートからエコキュートへの交換は、本当にそのまま交換するだけの工事になるのですが、石油給湯器やガス給湯器は電気工事が必要になってきたり、電力会社へ電気使用申込手続きが必要になります。

また、電気温水器からエコキュートの交換の場合も少し電気工事や電力会社へ電気使用申込手続きが必要になります。

当店では、その水道配管工事から電気工事、電気申込手続きまで一式で承っております。

施工の数日前に倉庫へ納品

施工前の確認

ご注文いただいたお客様のエコキュートですが、施工日の数日前、数週間前に当店の倉庫へ納品してもらいます。

エコキュートの納品に時間を要する場合は、貸し出し用の石油給湯器を無料で仮に設置しますので、お湯はずっとお使いいただけます。

貸し出し用の給湯器は石油給湯器なので灯油タンクや灯油も必要になるのですが、その場合の灯油代も当店で負担いたします。

倉庫で貯湯タンクの梱包を外して確認

施工前の確認

まず、当店の倉庫へエコキュートを納品してもらい、一旦貯湯タンクの梱包を外して本体の外装に問題がないか、凹みなどが無いかを確認をします。

稀にですが、配送途中に起きたのか分からないのですが、傷ついていたり、凹んでいたりすることがあります。本当に稀ですが。

そういう事があるので、施工前に一度梱包を外し、外観のチェックをします。

チェック後、またPPバンドで縛って梱包を元に戻します。

 

倉庫でヒートポンプの梱包を外して確認

施工前の確認

ヒートポンプも以前ですが、梱包を外してみると、大きくひどく凹んでいた事がありました。

凹んでいたのは上の部分ですが、人間が乗ったくらいではそこまで凹まないだろうというくらいに酷く凹んでいた事があります。

ですので、施工前に当店の倉庫へ納品してもらい、梱包を外して外観をチェックします。

ちなみに倉庫からお客様の家までは、軽トラやタウンエースのトラックでエコキュート本体とヒートポンプを運びます。

状況によっては施工日の前日に本体を運ぶこともあります。その場合は転倒防止や養生シートを被せて、本体やその周辺に問題が起きないようにいたします。

画像のエコキュートもそうですが、当店では、お客様のご指定がない場合はダイキンのエコキュートをおすすめしております。

もう少し言うと、ダイキンか日立、そして三菱の3社いずれかのエコキュートをお勧めしています。

理由は、何かあった場合のアフター対応の速さやサービスマンの人柄の良さなどです。

サービスマンの人柄の良さは、ダイキンが一番いいですね。またアフターの対応も早いです。

ですので、まず一番にお勧めするのがダイキンになります。

エコキュートの機能は、メーカーによる機能の差はほとんど無いように感じます。また本体の金額もそんなに差がないようにも感じます。

エコキュートを大きく分けると給湯専用・オート・フルオート・減圧式・パワフル高圧型などになりますが、どのメーカーにもありますし、基本機能もだいたい同じです。

メーカーによる機能の差は、例えばお風呂の追い焚き配管の配管洗浄などがありますね。

ですので、エコキュートを選ぶ場合はアフター対応の速さやサービスマンの人柄の良さで私は選んでいます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。