Czen Lighting 電工

汚水・汚物用下水ポンプ漏電による交換工事(富山県氷見市)

お問い合わせはこちら 現場調査のご予約

汚水・汚物用下水ポンプ漏電による交換工事(富山県氷見市)

汚水・汚物用下水ポンプ漏電による交換工事(富山県氷見市)

2021/09/03

漏電した下水ポンプの交換

作業前です

先日、漏電ブレーカーが落ちるとの事で、漏電点検に伺いました。ホーム分電盤があり、12回路ほどだったと思います。順番に回路を絶縁抵抗計(メガ)で抵抗値を測定していくと、1つの回路の抵抗値が0(ゼロ)になります。

その回路の電気の使用状況を調べていくと、外部コンセント(防水コンセント)に一つコンセントが挿さってており、そのケーブルは外部コンセントの真下、ビニールパイプに入って地面の中に埋設されていました。

最初、そのケーブルが埋設されてどこへ繋がっている電気なのか分からなかったのですが、建物を管理している方も調べてくれて、左の画像のマンホールの中に設置してある汚水ポンプの電源だという事が分かりました。

この汚水ポンプが漏電しているという事でした。

そして、後日こちらの下水のポンプを交換することになりました。

このポンプを撤去して分かったのですが、約15年ほど経過している汚水ポンプでした。

漏電した下水ポンプの交換

交換前の汚水ポンプです

こちらが下水が溜まるマンホールの中です。右上のパイプから生活排水が流れ入ってきて、この中に溜まった汚水をポンプで汲み上げています。

マンホールの深さは、約2mです。

まずこちらのポンプの撤去からしていきます。

 

漏電した下水ポンプの交換

こちらがポンプ撤去後です

そのまま使用する継ぎ手、プレハブジョイントの片側は残し、もう片側とパッキンを新品に交換します。本当は、継ぎ手もまるごと新品に交換すればいいのですが、まだ全然使えそうなのでこのまま流用します。

漏電した下水ポンプの交換

撤去したポンプです

こちらが撤去した汚水ポンプです。こちらのポンプは自動運転するタイプですので、黄色のフロートと赤色のフロートが付いています。

汚水が溜まり、黄色のフロートが浮き上がるとポンプが運転をします。次に汚水が減り、浮き上がっていた赤色のフロートが下がるとポンプが停止します。

汚水ポンプの仕様は色々あるのですが、この自動運転の動作を15分以上連続運転しないようにポンプを選定しなくてはなりません。

今回は、故障したポンプが現行モデルとして今もありましたので、全く同じものに交換します。

 

漏電した下水ポンプの交換

交換する新しい汚水・汚物用ポンプです

こちらが新しいポンプと材料一式です。

 

漏電した下水ポンプの交換

旧ポンプと新ポンプ

古いポンプと新しいポンプを並べてみました。メーカーも型番も同じものですが、15年前のポンプと比べると当たり前ですが若干の違いはありますが、ほぼ同じです。

 

漏電した下水ポンプの交換

排水パイプを配管

配管工事というほどのものではないですが、配管していきます。

 

漏電した下水ポンプの交換

配管接続中

 

新しい汚水ポンプをマンホールの中に設置し、配管を接続していきます。

 

漏電した下水ポンプの交換

コンセントプラグの処理

こちらはポンプの電源ケーブルですが、画像はプラグを切断したあとです。

この電源ケーブルを埋設してある電線管に通すのですが、コンセントプラグが付いている状態では通らないので、一度プラグを切断し、電線管に通したあとで防水タイプのコンセントプラグを取り付けます。

 

 

漏電した下水ポンプの交換

防水コンセントプラグ

防水用コンセントプラグを取り付け、外部コンセントに差し込んで完了です。

 

 

漏電した下水ポンプの交換

汚水ポンプの試運転中

黄色のフロートが浮き上がるまで、水を溜めます。黄色のフロートが浮き上がったら、コンセントを差し込みます。すると、ポンプが運転し始め、溜まっていた水を汲み上げます。

赤色のフロートが下がるまで水を汲み上げると、ポンプは停止します。

以上の自動運転を確認して完了しました。

今回の汚水ポンプは1台のみの設置になっていました。この汚水ポンプというのは生活排水全てを汲み上げ処理します。トイレの排水もそうです。

ですので、このポンプが故障などで動かなくなると大変なんです。ポンプが動かないと下水が溢れるので、料理もできない、お風呂も入れない、トイレもできないという事になります。

ですので、通常はこういう汚水ポンプというのは2台設置(親子ポンプ)し交互運転させます。そうすることで、どちらか片方が故障しても、もう一台が動いているのでその間に交換・修理ができます。

ただこちらの場合は、一般住宅ではなく、生活に使用する水の使用頻度も少ないということもあり、1台のみの設置となっていました。

小さい汚水ポンプですが、見た目以上にパワーもあり、画像のようなマンホールの中の容量なら、このポンプ1台であっという間に汲み上げます。ただし、連続運転時間は決まっているので、仕様以上の運転をさせてはいけません。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。