Czen Lighting 電工

ルームエアコン ガスチャージ(R32)(富山県黒部市)

お問い合わせはこちら 現場調査のご予約

ルームエアコン修理 ガスチャージ(R32)(富山県黒部市)

ルームエアコン ガスチャージ(R32)(富山県黒部市)

2021/08/13

エアコンのガス漏れ

富山県黒部市 ガス全量充填

作業前の室内機です。

先日、エアコンが冷えないというお客様のお宅に伺いました。3ヶ月前にメーカーに問い合わせ、メーカーのサービスの方に故障診断をしてもらっているとの事でした。

その診断結果を読むと、原因は「冷媒配管が古いため」というものでした。また、「本体からの漏れは確認できず、配管接続部からのガス漏れ」という診断でした。

自分でもリークディテクターで確認するため、早速、室内機側と室外機側の接続部分を裸にしたところ、室内機側の接続部分のところでRに曲げてダクトに収めてありました。

その部分の写真を撮り忘れてしまったのですが、通常そういう施工はしませんので、かなり怪しいと感じ、リークディテクターをあてると「ピーピー」とガス漏れ反応がありました。

ただ、フレア加工をし直し、再接続するにもちょうど接続部をRに曲げているので、工具もかからず今のままでは外せませんし、接続部分をRに曲げてあるのを真っ直ぐにし直す必要もあります。

ですので、冷媒配管を適当な位置で切断し、一度室内機を外し、左へ25cmほど移動し、取付し直す必要があります。

エアコンのガス漏れ

富山県黒部市

作業後の室内機です。

室内機を左へ25cm移動した写真です。

ダクトに収めた後の画像なので接続部分は見えませんが、冷媒配管の接続部分を真っ直ぐの状態にするには、これだけ移動する必要がありました。2人で作業すれば、もう少し右に寄せたりできたのですが、1人でしたので、ちょっとこれが限界でした。

エアコンのガス漏れ

富山県黒部市 ガス全量充填

こちらは作業前の写真です。

エアコンの室内機は2Fで、冷媒配管はスリムダクトに収めてあります。

こちらの冷媒配管は20年経過しているとの事でしたので、今回新しくすることにいたしました。

エアコンのガス漏れ

富山県黒部市

 

冷媒配管をスリムダクトに収めていきます。

 

エアコンのガス漏れ

富山県黒部市 ガス全量充填

 

冷媒配管をスリムダクトに収めていきます。

 

エアコンのガス漏れ

富山県黒部市

 

冷媒配管を室外機に接続するまでは、接続口をビニールテープで養生をし、水分や虫や小さなゴミが入らないようにします。

もし、万が一そういう物が冷媒系統に入ってしまうと、「冷えない」「暖かくならない」という現象が発生する可能性が出てきます。また、エアコンの故障にも繋がりますので、注意を払います。

 

エアコンのガス漏れ

富山県黒部市 ガス全量充填

冷媒ガス充填中。

基本的に冷媒ガスは決まった量を全量充填します。ガスの追加(チャージ)はしません。

エアコンのモデルにより、冷媒ガスの封入量がそれぞれ決まっているのですが、ガスが残っている状態だったとしても、どれだけの量が残っているのか調べようがありませんので、一旦空にして、ガスを全量入れ直します。

その方が間違いなく、本来のエアコンの能力通りの運転をしてくれます。

また、ガスもそんなに高価ではありませんので、お客様の費用の負担にもなりません。

当店での冷媒ガスの料金は、

R32=350円/100g、3,500円/1kg

R410a=300円/100g、3,000円/1kg  です。

今回のお客様のエアコンのガス封入量は、R32=約600gです。約2,310円です。

 

今回はR32の単一冷媒でしたが、R410aは混合冷媒なのでそもそも追加(チャージ)はメーカーより禁止されています。

混合冷媒がガス漏れをした場合、ガスの比率が変わってくるので、追加を禁止しているんですね。

作業は3時間ほどかかり、冷房運転できるようになりました。

しばらくの間は様子見になりますけど、とりあえず正常運転できたのでホッとしました。

良かったです。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。