Czen Lighting 電工

鶴ヶ城 桜のライトアップ (西出丸エリア:福島県会津若松市)

お問い合わせはこちら 現場調査のご予約

鶴ヶ城 桜のライトアップ 2022 (西出丸エリア:福島県会津若松市)

鶴ヶ城 桜のライトアップ (西出丸エリア:福島県会津若松市)

2022/04/19

2022年 若松城 桜のライトアップ

西出丸エリアから帯廓(おびくるわ)

今回、福島県会津若松市にある鶴ヶ城(若松城)の桜のライトアップの照明設備工事をしてきました。

元請は、株式会社 Light uppers さん(東京都)、施工は、照明設備工事専門のアキヤマデンキ株式会社さん(東京都)です。

今回アキヤマデンキさんのご依頼で照明工事を3月の1ヶ月間手伝ってきました。

アキヤマデンキ株式会社の代表取締役である秋山潔さんは、ライティングデザインスクール(東京都千代田区)へ通った時の僕の先生になります。

秋山さんは、照明に関する知識がとても豊富で、実践的で分かりやすい授業でとても勉強になりました。

そういう関係で私どものCzen Lighting 電工(石川県)へお声をかけてくださったんだと思います。ありがとうございました。

 

まず初めに、お城(鶴ヶ城)へ当てている照明ライトアップがありますが、お城へ当てている照明は常設の照明で、今回の季節的なライトアップで施工したものではありません。

お城のライトアップは1年中見ることができます。

 

こちらの画像は西出丸駐車場から帯廓(おびくるわ)へ向かう途中の通路になります。

右側の桜の木へのライトアップと歩くときの足元の照明をカラフルに照らしています。

こちらの通路が終わると、帯廓(おびくるわ)にある桜の木のライトアップがお出迎えしてくれます。

また目の前に大きいお城も姿を現します。

ライトアップ期間は桜の時期の4月から緑の葉がつく6月まで続きます。

桜の時期は白色、赤色、ピンク色の照明で照らし、桜が終わり新緑の時期にはまた違う色の照明へ少しずつ変化させていきます。

梅雨が終わる頃にはまた違った表情のライトアップを楽しめると思いますので、是非お越しください。

西出丸から帯廓(おびくるわ)本丸へ

西出丸エリア

こちらのライトアップも良い雰囲気を出しています。

カラフルな照明はいわゆるお化粧のような感じになります。たまにお化粧するのもいいですね♫

こちらは2022年4月20日に撮影したのですが、桜の満開を過ぎて少し葉桜になってきていますね。

ご存じの方も多いと思いますが、こちらの鶴ヶ城(若松城)には千本桜と言って約1000本の桜の木があるそうです。実際にも1000本前後の桜の木があるそうです。

この約1000本の桜の木が広範囲にありますので、全ての桜の木がまとめて満開になることがないそうです。

なので、まだ蕾のある桜から満開の桜、そして葉桜と一度に色々な表情の桜を楽しむことができるんですね。なんか不思議ですし面白いなぁと感じました。

鶴ヶ城の中に四季があるような感じです。

帯廓(おびくるわ)前

西出丸から帯廓

こちらは西出丸の坂を登ってきて上がりきったところの桜のライトアップです。

桜の木と一緒に石垣にも照明を当てています。

画像を見ても分かると思いますが、葉桜になっていますよね。

鶴ヶ城の中でも西出丸が比較的桜が咲くのが早いように感じます。二の丸の方はまだ満開のような感じがします。

帯廓(おびくるわ)の手前

帯廓(おびくるわ)

こちらは帯廓の方へカメラを向けて写真を撮影しました。

帯廓が全体の中でも照明器具がたくさん設置してあります。桜の木も多いです。

観光客の方や地元の方、地元の学生さんやご家族、その他色々な人が集まる場所なので賑やかでとても良い雰囲気です。

一番華やかなオーラを出しています。

 

西出丸から帯廓へ

西出丸の通路

こちらは、2022年4月20日に撮影しました。

場所によっては満開を過ぎて葉桜になっているところがありました。

鶴ヶ城(若松城)は約1000本の桜の木が広範囲にあるので、場所によって葉桜、満開など色々な桜の表情を見ることができるので楽しいです。

全ての桜の木が一緒に満開になることがないんですね。

鶴ヶ城(若松城)の中だけで四季があるような感じがします。

西出丸から帯廓へ

西出丸

 

こちらは、点灯試験(2022年3月29日頃)の時に撮影したものです。

桜はまだ蕾の状態で咲いていません。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。