Czen Lighting 電工

アパート・一戸建て住宅の太陽光発電工事

お問い合わせはこちら 現場調査のご予約

アパート・一戸建て住宅の太陽光発電工事

アパート・一戸建て住宅の太陽光発電工事

2022/02/08

アパートの太陽光発電工事

石川県野々市市

先日、石川県野々市市のアパートの太陽光発電工事の配線工事をしてきました。

アパートの屋根に太陽光発電を設置する場合、一般的な一戸建て住宅の屋根に太陽光発電を設置する場合と比べて、アパートは屋根の面積が広い分、パネルの容量が大きくなると思います。

なので、パネル容量に比例してパワコンの台数も多くなります。こちらのアパートは5.5kwのパワコンを6台設置しました。

当店の施工方法・施工要領としては、まず電気配線工事をある程度終わらせておきます。そして、それから屋根の上に太陽光パネルやその架台を設置していきます。

予め電気配線工事を終わらせておくことで、スムーズに架台の設置、太陽光パネルの設置をすることができます。

工事業者さんによっては、電気配線工事と太陽光パネルの設置工事を同時にして1日で工事を完了させる業者さんもいますし、やり方はその業者さん次第なのですが、良いとか悪いとかありません。

ただ、当店では電気配線工事と太陽光パネルの設置工事は別日にしています。なぜかと言うと、パネルの設置や架台の設置は早いので、割とすぐに終わります。

すぐに終わると言っても、設置するパネルの枚数により1日で終わる時もあれば2日かかる事もあります。

どちらかと言うと電気配線工事の方が手間がかかりますし、時間もかかります。

その時間のかかる電気配線を先に終わらせておく事で、その後の屋根上工事の架台設置や太陽光パネル設置作業がスムーズに進みます。

なので当店では、電気配線を先に終わらせるという方法をとっております。

業者さんによっては、太陽光パネルの設置も電気配線も一気に終わらせたりもしますが、当店ではこの作業を分けて行います。

完成したら見えない部分ではありますが、分けて作業をした方が確実に綺麗に仕上がると思います。

特に屋根上の電気配線は、パネルの設置と一緒に作業を行うと、配線がぐちゃぐちゃになったりするので、あまり良くないですね。

太陽光発電BOXの中

石川県野々市市

アパートの太陽光発電工事に設置しているBOXです。

左側のBOXにパワーコンディショナ用の漏電ブレーカが入り、右側のBOXに主幹ブレーカが入ります。

 

パワーコンディショナ用の漏電ブレーカー

石川県野々市市

こちらのサイズのBOXは、最大9個の40A漏電ブレーカーを入れることができます。

今回は5.5kwのパワーコンディショナが6台なので、40Aの漏電ブレーカーを6個施設しています。

こちらの太陽光発電は、基本的に監視している人がいないので、後から監視装置を取り付けます。

その監視装置用のCTを付けるため、漏電ブレーカーの2次側は、ケーブルに輪っかを作っています。

CTは、ケーブルをクランプするので輪っかにしておいた方がクランプしやすいですね。

太陽光発電の主幹ブレーカー

石川県野々市市

こちらのBOXの中の左側の空いているスペースに監視装置を取り付けます。

監視装置は、発電開始と発電停止、発電量などを毎日計測して、設定したメールアドレスまで毎日夕方〜夜にかけてお知らせをしてくれます。

また、もちろん何らかの理由でパワーコンディショナが停止した場合も、すぐにメールでお知らせをしてくれます。

無人の太陽光発電所には非常に便利ですね。

パワーコンディショナ6台

石川県野々市市

太陽光パネルはまだ設置していませんが、約40kwの太陽光パネルをこちらのアパートの屋根に設置します。

今は2015年以降に設置した低圧の太陽光発電も出力制御が義務になっているので、こちらの太陽光発電も出力制御対応にします。

出力制御には手動(オフライン)と自動(オンライン)がありますが、基本的に電力会社さんは自動(オンライン)を推奨しています。

出力制御にも順番があり、低圧の太陽光発電の出力制御自体、そんなに頻繁にあるものではないと思いますが、自動(オンライン)の方が確実に便利ですし、発電ロスも少ないとの事なので、自動(オンライン)での出力制御にした方がいいですね。

自動(オンライン)での出力制御には、インターネット回線・契約が必要になります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。